ほかに書かれていないものが山のようにあるというわけなのです

免責不許可事由という言葉は破産申告を申し立てた人に対して次のような要件に含まれている人は債務の帳消しを認可できませんとする基準を言及したものです。クレジットカード現金化

ということは、極端に言うと弁済が全く不可能なような状況でも、この条件にあたっている時には負債の帳消しを却下されるような場合もあるというわけです。ライザップ 高崎

ということで破産申告を出して免責を是が非でも得たい方にとっての、最大の難関がつまるところの「免責不許可事由」ということになります。リップルキッズパーク

これらは主だった条件のリストです。ゼロファクター

※浪費やギャンブルなどで、はなはだしく資本を減少させたり巨額の債務を抱えたとき。イントラレーシック

※破産財団となるべき私財を隠匿したり、壊したり貸方に損失となるように処理したとき。コンブチャクレンズ

※破産財団の負担を悪意のもとに水増しした場合。クリアネオ

※破産申告の原因を持つのに、そうした貸方にある種の利益をもたらす目的で財産を受け渡したり弁済前に借入金を支払った場合。レーシック

※前時点において返済不可能な状況にあるのに事実を伏せて貸し手を信じ込ませてさらに借金を借り入れたりカードなどを使用して物品を購入した場合。ヒゲ脱毛

※ウソの債権者名簿を裁判所に出したとき。NULLリムーバークリーム

※免除の申し立てから前7年間に免除を受理されていたとき。

※破産法が求める破産した者の義務を反した場合。

上記8つの条件に含まれないのが要件と言えますがこの概要だけで実際的なパターンを考慮するのは、一定の経験の蓄積がないと困難でしょう。

さらに、厄介なのは浪費やギャンブル「など」と書かれていることにより分かるとおり、ギャンブルはそれ自体は具体的な例の一つでしかなく、ほかに書かれていないものが山のようにあるというわけなのです。

実例として挙げられていない状況の場合はひとつひとつのパターンを書いていくときりがなくケースとして書ききれないような場合や、過去に残されている裁判の判決に照らしたものがあるので個々の例がその事由に当たるのかは一般の人には一朝一夕には判断できないことがほとんどです。

いっぽう、事由に該当するなどとは夢にも思わなかった時でも免責不許可の旨の判決がいったん出されたら決定が変えられることはなく、借金が消えないだけでなく破産者となるデメリットを7年にわたって受けることになるわけです。

免責不許可判定という悪夢のような結果を防ぐために破産申告を検討している際にほんの少しでも安心できない点や分からないところがあったらぜひとも経験のある弁護士に相談を依頼してみてもらいたいです。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.bigturnoff.org All Rights Reserved.