95円が底だということなどなんびともわからないのである

どこにでもある初心者用の外国為替証拠金取引の情報では、「損失が生じた場面ではナンピンで、全体の平均のコストをコントロールする」等とアドバイスしていますが、実際にはナンピンには相当の危険性がある。中医学から学ぶ猫の食事法

はじめに、ナンピンの理屈に関して手短に述べます。ニキビケア

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。学生でも借りれるキャッシング!安心カードローン口コミ情報

$買いのためドル高になるほど利益が出ますが、1ドル95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。ボニック

この場面でポジションを維持し続けたら、利益がでるためにはマイナス分、ドル高が進まなければならない。ホットヨガ 中央線

誰もが、マイナスは早めに無くしたいと願うでしょう。

このためはじめに注文したのと同額のドルを、1ドルを95円で売買します。

それで、ポジション全体の単価は1ドル=97.50円まで下げることができますその結果、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、マイナスを回復できます。

この流れがナンピンの方法です。

このとおり、ナンピンの仕組みを理解すると、「もっともだ」と思ったりするが外国為替市場は容易には思った通りにはなりません。

初めから、95円が底だということなどなんびともわからないのである。

もしも、市場が強い円高ドル安トレンドだったら、1ドル95円では収まらず、更に一段のドル安に向う可能性が高いです。

一例として、97円50銭でナンピン買いをして95円まで円高になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションにも為替差損が生じることになってしまうのである。

その状況では、最初に保有したポジションと一緒に二重の損失を被ることになる。

それゆえ、ナンピンは一筋縄でいきません。

ならば、相場がシナリオとは反対の方向にさっと向ってしまった場合、どういう手法でリスクを管理すればいいのでしょうか。

こういう場合には取るべき道は2つだけあります。

最初のひとつは観念してポジションを閉じる事です。

ふたつめは、今、あなたが所持している買いポジションを小さくする事によってもう一度相場が回復するのをひたすら待つ事です。

かなり大人しいやり方だと言う方もいるでしょう。

だがしかし、自分が所有している買いポジションに差損が生じた時、最も妥当な手段はこれよりいいものはないです。

確かに、理屈の上では、ナンピン買いする手段もあるように思える。

しかしナンピンは、あなたが損失を披っている状態で、買いポジションを整理するどころかそれとは逆にポジションを積み重ねていく対策です。

この考え方では、リスクを回避することなど、とてもできない察するべきです。

ナンピンを続ける事ができれば最終的には儲けが出るかもしれません。

だけど、そうなる先に資金はショートしてしまいます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bigturnoff.org All Rights Reserved.