www.bigturnoff.org

任意整理とは一般的には債務整理というように呼ばれており、各貸し手に対して債務の返済を続けることを選択した債務の整理の手順になります。実際の流れですが司法書士の資格者もしくは弁護士の資格を持つもの貸し手と債務者との仲介役として示談をして、利息を定めている法律に従い利息の引き直しを行って一から計算しなおした借り入れた元金についての利息を下げる形で3年程度の期間で返済を行う債務の整理の順序です。任意での整理は裁判所のような公的な機関が処理することがないためそれ以外の手順と比べると手続きした際における不利になる点が一番小さく過程自体も依頼人にあまり重荷にならないことから、メインとして比較考慮するようお勧めしたい方法だといえます。貸方が消費者金融のような法外な借入利息ならば、法が明記している貸出利息を超えて渡した利息分に関しては借入元金に適用すると判断し借入元金それ自体を減らしてしまうことも可能です。つまりは、サラ金といったようなとても高い借入利息を取るところに対しある程度長い期間返済してきたケースなら期待以上の利息分を減らせる場合もあり10年近く返済している例では負債そのものが償却されることもあります。債務の整理のポイントは自己破産と異なり一定の借金のみを整理することができるため保証人が関連する借入金を除いて整理する場合やマンションのローン以外だけを処理する際などにおいてでも活用することが可能になりますし、築き上げてきた財産を手放してしまう必要がないので、クルマや住宅などの自分名義の財産を保有していて手放したくない状況でも活用可能な借金整理の方法といえます。ただし、今後返済が必要となる額と実現可能な収入をかんがみて妥当な範囲で返済が見通せる場合においては任意による整理の手続きを取ることに問題ありませんが、破産とは違って返済義務がなくなるのではありませんので、お金の金額が巨額なような場合は実際的には任意での整理の選択肢を選ぶのは容易ではないということがいえるでしょう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bigturnoff.org All Rights Reserved.