www.bigturnoff.org

民事再生という選択肢はマンション等のローンもある多重の債務に苦しんでいる方々のために住居を維持しつつ金銭管理において立ち直るために借金整理の手段として利用できるようになった制度です。破産とは違い免責不許可となる条件がなく、散財などで債務が増えたような場合においても可能ですし破産が理由で業務禁止になるポストで生計を立てているような方でも制度の利用が可能です。破産の場合だと、マンションを残すわけにはいきませんし、その他の債務処理ではやはり元金は完済していかなければなりませんので、住宅のローンも払いつつ支払い続けるのは多くの人の場合困難だと思われます。ただ、民事再生による処理を取ることができれば、住宅のためのローンのほかの借金は相当なものを減額することが可能ですのである程度余裕に住宅ローンなどを返済しつつ残った借金を払い続けることも可能といえます。ただ、民事再生による整理は任意整理と特定調停などとは違って一部の債務を除外扱いして処理することは不可能ですし、破産の場合のように負債がなくなるわけでもありません。さらには、それ以外の処理と比較して手続きの手順が簡単ではなく手間が必要ですので、住宅のためのローンを組んでいてマンションを維持したい時などを除いて破産等の他の整理方法がない際の最後の処理とみなした方がいいと思います。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bigturnoff.org All Rights Reserved.